RSS | ATOM | SEARCH
深夜食堂
「深夜食堂」をテレビシリーズと映画と2回目ですご全制覇しました。

やはりこの作品は素晴らしいです。

2回目でも新たな発見もあり沢山感動します。



是非ご覧になっていない方にはオススメです!

映画は「深夜食堂」と「続・深夜食堂」の2本があります。映画だけでも十分楽しめますが、より一層楽しむにはまずテレビシリーズのシーズン1からシーズン3(第1話〜第30話)を観てから映画版「深夜食堂」を観ます。

そしてテレビシリーズのシーズン4(第31話〜第40話)を観てから映画版「続・深夜食堂」を観るのが完璧に楽しめます。
映画が大好きな僕は睡眠時間を削って観ますがこの「深夜食堂」は本当に心からオススメ出来ます!
author:佐藤哲也, category:-, 00:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
耳コピ
本当に遅ればせながらiPhoneで「耳コピ」というアプリを購入しました。

同様のアプリがいろいろあって無料のものもあるのですがちゃんとした有料版を購入しました。



こんな便利なアプリを何故もっと早く買わなかったのかと後悔しました。

とにかく相当便利で使い勝手も簡単です!

文字通り音楽を「耳コピ」する際にキーやテンポを自由自在に変えられるのですが音質の劣化が少ないです。今までも同様の装置はありましたが普通はキーやテンポを変えると極端に音質が劣化しました。

更にループ機能などの操作がとにかく簡単なんです!

ミュージシャンの方々はもう当たり前に使っていますよねー

僕が遅れているのですぅ〜
author:佐藤哲也, category:-, 22:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
リッキー・リー・ジョーンズ
最近彼女にハマっております。



遅ればせながらデビューアルバムを購入!

本当に紙一重の才能は鬼気迫るものがあります!
author:佐藤哲也, category:-, 21:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Let It Be
Let It Beの頃のThe Beatlesのメンバーって貫禄十分なんだけど…



まだみんな20代なんだよねー
author:佐藤哲也, category:-, 21:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
地獄の「生乾き臭」
僕はとにかく「生乾き臭」が苦手です。
きもちわるくなります。

特にこの季節、混んでる電車などで結構この「生乾き臭」攻撃に遭います。
でも、着ている本人は感じないのでしょうね…

感じてら着ませんよねー
author:佐藤哲也, category:-, 10:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
「人魚の眠る家」
堤幸彦監督の「人魚の眠る家」をレンタルして観ました。



「脳死、心臓死」の重いテーマですが映画自体が暗くなり過ぎず、キチンと丁寧に描かいてとてもよい作品でした。

篠原涼子さん素晴らしいです。
author:佐藤哲也, category:-, 09:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
一陽来復
武蔵境に新しいラーメン店が出来ました。

「一陽来復」!



背脂煮干しだそうです。



これが想定外のハイクオリティでした!

また行きます!
author:佐藤哲也, category:-, 18:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
音マグ

音マグという音楽サイトにベースの初心者向けの「異弦同音とは?!」という記事を書きました。





http://otomag.net/category/5t3p5p


是正ご覧下さい!

author:佐藤哲也, category:-, 23:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
「牛繁」1人焼肉!
最近、「牛繁」での1人焼肉を楽しんおります!





コスパ最高で相当楽しめます!

この手の焼肉チェーン店ではダントツで「牛繁」がおススメです!
author:佐藤哲也, category:-, 23:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
「ある町の高い煙突」
地味に評価が高い「ある町の高い煙突」をシアタス調布に観に行きました。



ここもそうですがイオン系の映画館は55歳以上はいつでも1,100円なのが嬉しいです。

この作品はうちから一番近いイオン系の映画館、シアタス調布では何と今日が最終日。それも朝イチの8:20〜の上映が一回だけ…頑張って早起きして行きました。

作品は約100年前の茨城の鉱山の煙害に苦しむ地元の農民と鉱山会社のやり取りを描いた実話です。

僕はこの手の邦画ヒューマンドラマ系が大好きです。

この作品も評価通りとても重厚で丁寧に描かれていて観終わって「ちゃんとした映画を観た!」という充実感があります。

調布では今日までですが他ではまだ上映している劇場もあるので興味がある方は是非ご覧ください!
author:佐藤哲也, category:-, 19:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark